top of page

North pole Lyocellwool tights

久しぶりにタイツを作りました


タイツも、靴下に負けないくらい好き

冬にしか履けない特別な存在

身体に纏うレッグウェアの中で、一番ニットに近い感覚です


毎年、新しいタイツを新調して、

冬支度をすると冬が来たとワクワクする


無地のリブタイツに負けないくらいシンプルで使いやすい

毛玉が出来にくい、どんなお洋服にも合わせやすい

あたたかいニットタイツが登場


タイツは肌に当たる面積が多く、

1日履いていて心地よい素材がとっても大切

適度に暖かくて、柔らかい肌触りの良い

リヨセル素材を選びました

laceflowerのアイテムを知って頂いている方は

だんだん、馴染みが出てきていたら嬉しい、"リヨセル"素材

19S/S トーションレースレギンスでも、

21A/W ニーハイソックスでも使用したリヨセル

リヨセルとウール素材が大好きなのです


※リヨセルとは・・・

ナイロンやポリエステルのように石油を原料としておらず

ユーカリ(木材)を特殊な溶剤で溶かして作られる

(溶剤紡糸法)再生繊維です

繊維の断面が円形であることから強度が高く、

湿潤時の就職や強度の低下が少ない繊維です

また、溶剤を回収して再利用するため、

廃液が環境中に放出されず地球にも優しい繊維です


タイツを作るとなったら

やっぱりリヨセルは絶対外せない

リヨセルの一番好きなところは肌触りがとてもいいところ

シルクのような、もしくはレーヨンのような、

とろーんとした滑らかな肌触りがとても素敵で、

化学繊維ではないので、肌に優しいところも好きです

あとは毛玉にもなりにくく、強度もあります

ただ、リヨセル100%だと摩擦に弱かったり、

暖かさやボリューム感が足りなかったり、

タイツで耐久性が損なわれることは避けたいと思い、

リヨセル90%・ウール10%配合の素材を見つけました

大好きな素材の2つの組み合わせ

絶対絶対、素敵な風合いに上がるに決まってる


機械はイルマックという編み機を使用

イルマック機とは、簡単に言うと穴あきレース編み柄を

ニットで編む事ができる機械です

condollのキッズレース編み靴下や、

子供の頃によく履いたような柄表現ができる機械です

柄の組み方がとっても大変で、

既存の何種類もあるパターンから選び生産される事が多い中、

今回は1から柄を作成くださいました

複雑なレース柄にはせず、とても単調な柄

シンプルでありながら細かい調整が何度も行われ、

1年半かけて完成したイルマックのタイツ

昔はイルマック機が多く普及されておりましたが、

現在では日本に数台しかないと言われています


シンプルな柄タイツこそ、

求めるシンプルなデザインの先には、

生産背景ニッターさんによる物作り魂がない限り、

完成できなかったなと思います


ぜひ、この冬はイルマックタイツを履いて

寒い寒い冬を越してもらえたら嬉しいです


North pole Lyocellwool tights

made in Japan (Nara)

¥4000+tax


Lyocell 74%

Nylon 14%

wool 9%

polyurethane 3%




bottom of page