top of page

Torchonlace leggings


1950年頃、栃木県足利市ではトーションレースの研究と事業化に取り組み、

全国でも有数のレースの産地だったそう。

工場をたたむところが多い中、

トーションの機械を守り続けている貴重な編み立て工場があった。

トーションレースとは、色々な種類の糸を編機の中心に向かってからめて、

テープ状に編み上げて生産されます。 円形の編機の周りに糸を巻いたボビンを立て、

コンピューターによって指示を受けたボビンが絡み合って編み上げられます。

特徴は、とても多くの種類の糸を同時に編み立てる事が出来ること。





生産性はいいとは言えない。

機械も大きく場所も取るし、糸もたくさん使う。

ただ、編みの複雑さや繊細さは、

独特のこの機械にしか生み出せないものがあると、機械を見て改めて感じた。

贅沢な機械だと思う。


綿レースのリボンやテープが昔大好きで、

学生時代、よく作品で使ったりした。

レースで髪の毛を結いたりもした。

この綿レースを作っている機械もトーションレースなんです。


トーションレースの機械で編んだレギンス。

素材にはリヨセルとナイロンを使用しました。

裾がレースアップになっていて、前後どちらでも履ける仕様にしています。

裾から見えるレース編みがとっても可愛い。



0件のコメント

Comments


bottom of page